CSオートディーラーの中古車

うちの父親がセレナに乗っていたおかげで、ぼくはセレナに対して「おじさんが乗る車」というレッテルをはっていた。会社の課長がやはりセレナに乗っていて、やっぱりおじさんが乗る車だななんて思っていた。ある時会社の帰りに高校時代の友人にばったり会った。

 

そいつは昔からやんちゃしていたやつで、高校卒業後は職人の世界に入っていた。前回会った時は古いハイエースに現場道具どっさり積んでいたのを覚えている。しかし今回は車がセレナに変わっていた。しかもぼくのイメージの中のおじさん仕様のセレナではない。職人仕様の悪そうな、しかしかっこいいセレナになっていた。5ナンバーサイズでも最大の広さを誇るセレナなので、現場道具もたくさん乗るそうだ。

 

正直こんなにピカピカでかっこよくしているのに、現場なんかに乗っていって傷がつかないのかと不思議に思った。なんでも職人同士の車の見栄の張り合いがあるのだとか。職人の多くはハイエースを選ぶので、彼はちょっとひねりをきかせてセレナをドレスアップしたというわけだ。それでもこのセレナは中古で購入したとのことだった。まさかと思って聞いてみたらやはりCSオートディーラーで購入していた。

 

なにやら最近ぼくの回りはCSオートディーラーが人気のようだ。セレナのライダーというタイプが好きで一生懸命探していたらしい。結局品揃えがダントツで多いCSオートディーラーに行き着いたらしいのだが、どうしても色が気に入らなかったらしい。それで元々はグレーだった車体をCSオートディーラーでオールペイント、つまり全塗装したのだそうだ。

 

なにやら言葉では言い表せないオリジナリティ溢れる色になっている。乗り心地も使いかっても抜群のようだ。さすがは過去に三年連続でミニバン販売台数日本一を記録した日産の売れっ子だ。こうして見てみると皆ちゃくちゃくとプライベートも仕事もステップアップして、それに伴って車もランクアップしているんだな。そろそろぼくもCSオートディーラーのお世話になろうかな。→CSオートディーラーのセレナ店

CSオートディーラーでも扱っているというアルファード。後部座席の余裕ある乗り心地という点においては、セダンより乗用ワゴンが上であり、その中でもアルファードは別格だと思います。

 

これはまず車の機能上どうしようもないことなのですが、セダンはその車体上キャビンスペースが限られてしまいます。リムジンのように長さでキャビンスペースを確保する方法もありますが、その場合でも高さは稼げません。

 

乗用ワゴンは市販車でノーマルでも充分なキャビンスペースを稼げているという利点があります。元々広いスペースのワゴン車ですが、トヨタの場合アルファード登場以前は、ハイエースという貨物ワゴンベースの派生であり登録上は乗用ワゴンですが、乗り心地はそう特別なものではありませんでした。

 

ですが2002年に登場したアルファードは、乗用ワゴンにおいて先駆者であるエスティマのフレームを使い、横置きエンジンでFFをベースにし、足回りをフロントストラット、リアトーションバーにすることにより、他車との違いをみせています。

 

そして他車との違いはエンジン設定で、当時のワゴンにあったディーゼル設定がありません。3000ccV6、2400cc直4、直4ハイブリットの3種類でした。2008年にモデルチェンジを行い、上級車は3.5リットルへと排気量を増やしました。

 

兄弟車であるヴェルファイアーが登場したのもこの年です。2011年にはマイナーチェンジが行われ、2008年に廃番になったハイブリット車が復活しています。

 

アルファードの良さは、とにかく乗ってみないと分からないといえます。この部品を使っているから他車より優れているというのではなく、全てが良いのです。長距離を運転しても後部座席に乗っても楽、運転時の視線の位置もシートも足回りも、そして馬力的にもバランスがとれていて、運転する人に、後部座席に乗る人に優しい設計になっています。

 

あえて欠点を出すのであれば、大柄なボディは狭い道には不利であり、重い車重を軽く扱ってくれる大馬力エンジンは、燃費が悪いということでしょうか。この欠点はアルファードの特徴の裏返しともいえることですので、仕方のないことかもしれません。

大型二輪やスクーターのイメージが強いスズキでは、他にも軽自動車の力を入れているという事を知っている人もいるでしょうが、スズキの軽自動車も私が勤務しているCSオートディーラーでは人気の車となっていて、比較的お手頃な値段で購入できる事もあり、中古車だけではなく新車でも人気となっています。

 

スズキの軽自動車は、車体は小さめなのですが、車高が高い種類が多くなっている事から、かなり多くの荷物を積める事が車好きな私自身も長所だと感じています。そんなスズキの軽自動車には多数の種類があるのですが、そんな中でもクロカン・SUVと呼ばれている車種が人気となっています。クロカン・SUVはスポーツ用多目的車と呼ばれている種類の車で、4WDの車が多くなっている事も特徴です。

 

そんなクロカン・SUVの中でも、特に人気となっているのがスズキから販売されているジムニーという車です。ジムニーは1970年に初めて登場しているので、他の車に比べるとかなり古くから存在しているのですが、これだけ古くから存在していて、現在でも人気があるという事は、相当長い年月愛されてきた車という事です。

 

現在ではジムニーシエラと呼ばれている車が主流となっていて、万が一衝突した時の事を考えて、衝突した時の衝撃をできる限り和らげるような作りになっている事や、チャイルドシート固定用アンカーを設置すると言った時代に合わせた工夫が施されています。

 

少し前まではミニパトにも使用されていたタイプなのですが、現在では見かけなくなってきています。どんな車にもそれぞれ利点と欠点があるのですが、利点だけではなく欠点も知っておく事で、より自分にあった車を購入する事ができるのです。

 

現在ではだいぶ価格も安くなっているのですが、クロカン・SUVの車は比較的高い車が多くなっているので、CSオートディーラーなどに赴いて、中古車を探すという人も多くなっています。しかし、スズキのジムニーに関しては、中古車でも新車でも比較的安くなっているので、誰でも購入できるお得な価格となっています。

レガシィワゴンは、ツーリングワゴン人気を定着させたパイオニアであり、発売から二十年以上経った現在においても、トップを走り続けている車です。1989年にレガシィワゴンは発売され当初より人気を博しましたが、その年の10月に発売されたGTがその人気を決定させたといっていいでしょう。これは現在まで続くハイパワー4WDワゴンというカテゴリーまで作ってしまったといっていいでしょう。

 

元々「ツーリングワゴン」という言葉はなく、「ステーションワゴン」という呼び名でした。レガシィワゴンの名称である「レガシィツーリングワゴン」という呼び名が全ての「ステーションワゴン」を「ツーリングワゴン」と同義語にしてしまったといっても過言ではありません。

 

1993年に登場した2代目は初代セダンタイプのRSがWRCで活躍していたせいもあり、当初はレガシィ=ラリーというイメージがあったのですが、インプレッサの登場でラリーイメージはそちらに移り、レガシィワゴンは別の道へ進むことに成功し、レガシィワゴンの人気を定着させました。5ナンバーでありながら、1クラス上の性能とクォリテイーを持たせることに成功したのがその原因だと言われています。

 

それからレガシィワゴンは2012年に現行型が登場するまで、ツーリングワゴンの人気ナンバー1の座を守っていくことになるのですが、スバリストといわれるマニア向けでしかなかった水平対向エンジンを、ここまで浸透させた功績は大きいと思います。

 

レガシィワゴンは、純正でビルシュタイン製ダンパーがついていたり、純正ホイールの大きさが違っていたり、MTが5速だったり6速だったりと、スペックが豊富なのは喜ばしいことなのですが、豊富過ぎて混乱してしまうのが欠点です。

 

新車をカタログを見てディーラーで買うのならともかく、中古の場合ですとしっかりとした下調べをしておかないと、別のスペックと誤って購入してしまうこともあるので注意してください。CSオートディーラーでは、購入する前にじっくりと車種を確認することができるので安心ですよ。

車は自家用車として使用する以外にも、商用車として使用する場合も多々あるでしょう。商用車に向いている車とは、仕事内容によっても変わってくるのですが、やはりワゴン車やトラックが向いていると言えます。

 

しかし、大きな荷物の荷卸しを頻繁に行う場合以外では、やはり荷物が濡れないワゴンタイプが良いと言えますし、私が勤務しているCSオートディーラーでも商用車としてワゴンタイプの車を使用しています。

 

大きなワゴンの方が良い場合もありますが、軽ワゴンでも十分荷物が積める上に、税金も安く小回りが利くという事で、軽ワゴンを商用車にする会社も多いのですが、軽ワゴンとして多く使用されている車の中に、スバルのサンバーという車があります。サンバーは運転席や補助席の脚スペースが広くなっている事から人気がありますし、私も運転席のスペースが広い車は運転しやすいと感じています。

 

そんなスバルのサンバーは、宅配業者でも多く使用されていて、普通乗用車と同じぐらいの長さがあり、車高も比較的高くなっているので、より多くの荷物を積む事が可能となっています。だからこそ小さな荷物をたくさん積む事が多い宅配業者で多く使用されている車なのですが、このサンバーという軽ワゴンは、荷物を多く積む為に作られたと言っても過言ではなく、荷物を積む事によって安定した走りが可能となっているのです。

 

その為かなり前から商用車として宅配業者を筆頭に好まれてきたのですが、初めて日本でサンバーが販売されたのは、1961年となっているので、かなり昔から商用車として使用されていた軽ワゴンなのです。

 

現在では7代目となっているのですが、商用車を頻繁に使用する企業や宅配業者、CSオートディーラーなど車を取り扱っているような所では知られているものの、自家用車にしか乗らないという人や、車に関係している仕事ではないという人の場合には、スバルサンバーを知らないという人もいます。比較的安い金額で購入できる事もあり、新車でもCSオートディーラーで取り扱っているような中古車でも人気があります。

天候が良い時や、気候が良い時などは風を切って走りたいと思っている人も多く存在していて、私も車で風邪を浴びながら走るのが大好きなのですが、そんな時に乗りたくなる車がオープンカーです。オープンカーについては特に説明しなくてもわかると思いますが、屋根のついていない車の事です。オープンカーにも色々と種類があり、色々な車を思い浮かべる人がいるでしょう。

 

そんな中でも今回はマツダのロードスターについて見て行こうと思います。日本ではそれ程メインとは言えないオープンカーですが、その理由は日本の気候を思い浮かべてみればわかります。

 

日本は四季があるので、冬はオープンカーでは寒すぎますし、私は普通の乗用車に乗っている時に、窓が曇ってきたので少し窓を開けて走った経験があるのですが、とても寒くて震えてしまう程です。

 

夏は暑すぎてクーラーを付けたくなりますし、春はホコリが多くて開けたくない時期もあるでしょう。そうなると秋だけになってしまうのですが、秋は雨が多い季節なので、雨が多いという日本の気候にもオープンカーはあまり適していません。

 

それで晴れて気候が良い日にはオープンカーに乗りたくなるので、オープンカーを購入する人もいるのですが、マツダロードスターはオープンカーの中では比較的よく知られている方ですし、雨が降ってきた場合には、屋根を閉じる事も可能となっているので、日本の気候に適している種類の車と言えるでしょう。値段も比較的手ごろなっているので、新車で購入する人も多くなっているのですが、CSオートディーラーなどではそれ程多く売られているという訳では無いものの、中古でお手頃価格のロードスターが売られている事もあります。

 

CSオートディーラーによってはマツダロードスターが売られていない場合も多い為、インターネットで事前に調べてからCSオートディーラーや中古車販売店に行くべきでしょう。マツダロードスターは1989年に日本で初めて登場し、2013年現在では3代目の車が販売されています。

日本の自動車会社は多数あり、その中の1つにスバルという自動車会社も存在しています。スバルの定番と言えばレガシィが思い浮かぶでしょうが、車好きな私でもスバルの車と言って思い浮かぶのはと聞かれたら、間違いなくレガシィと答えるでしょう。

 

そんなスバルの定番と言えるレガシィですが、レガシィはステーションワゴンと呼ばれている種類の車で、スバル以外の自動車会社でもステーションワゴンタイプの車は多数販売されています。

 

しかし、スバルでステーションワゴンと言えば、やはりレガシィが最も有名なのですが、レガシィはCSオートディーラーではそれ程取り扱っている店は多くないのが現状と言えますし、私の勤務会社であるCSオートディーラーでも、時々取り扱うぐらいで、あまり店頭に並ぶという事はありません。

 

CSオートディーラーには比較的出回る事が少ないレガシィですが、中古車の場合にはスバルの軽ワゴンの方が多く出回っている傾向にあります。そんなレガシィは、スバル独自の技術が満載となっていて、ツーリングワゴンやステーションワゴンなどが特に人気となっています。

 

初めてレガシィが登場したのは1989年なのですが、2013年現在では5代目となっていて、少数ながらタクシーでも利用されるようになっていますし、東京モーターショーにも出品された事があるのです。

 

レガシィはレース用のマシンとしても利用されていて、かなりの活躍をした時期もあったのですが、残念ながら現在ではレースに参戦してはいません。このように多方面で活躍し、最新の安全技術が盛り込まれているスバルのレガシィですが、値段は250万円から350万円ぐらいが相場となっていて、一般的な国産車としては平均的な値段か、少々高くなっている傾向にあります。

 

CSオートディーラーや中古車販売店では、店によっては豊富な品ぞろえとなっている店舗もあるのですが、CSオートディーラーや中古車販売店を見ても全く売られていない場合もあるので、インターネットでの確認は必須です。

トヨタの車に乗っているという人も多いでしょうが、トヨタの車はかなり多数存在しています。そんな中でもセダンという車種の車を知っているという人も多いでしょう。セダンはかなり有名ですし、もちろん私も知っていて、以前にはセダンの車を探した経験もあります。

 

セダンの中でも特に有名なのはカローラではないでしょうか。トヨタの車の中でもカローラは日本では特に人気の車で、CSオートディーラーで勤務しているとわかるのですが、売りに来る人も多くなっている反面、すぐ売れてしまう車種でもあるのです。

 

車に全く興味のない人でも、トヨタカローラと言えば車の事だとわかるぐらい知名度もありますし、免許を取って初めて購入した車がトヨタカローラであったという人も多くいます。そんなカローラの人気は非常に高く、初めてカローラが販売されたのが1966年なのですが、それから50年近くがたった現在でも人気が衰える事はありません。

 

2013年現在ではもう11代目となっているのですが、これだけ長い間人気を保っていた車は他にないと言ってもいいぐらいです。更にトヨタカローラは新車だけではなく、中古車としてもかなり人気があり、大半のCSオートディーラーや中古車販売店でも取り扱っているのですが、CSオートディーラーや中古車販売店で多く取り扱っているという事は、それだけ売りに来る人が多いという事を意味しています。

 

そして多数の人が売りにくるという事は、それだけ多くの人がトヨタカローラを購入しているという事にも繋がってきます。CSオートディーラーでも中古車販売店でも、売りに来る人が多いと言うだけではなく、購入する人も多くなっているのですが、中には安くてきれいなカローラが販売されている事もあるので、掘り出し物を探しているという人の中には、この値段で購入できたのはとても嬉しいと感じている人も多いでしょう。

 

トヨタカローラは新車でもそれ程高いという訳ではなく、大体200万円前後で購入できるお得な車です。