中古車ディーラーの中古車

オーダーメイドにすることで、それぞれの足にぴったりの商品を提供することも可能で、デザインや色合いに関しても非常に自由度が高いことから、現在多大な支持を受けています。もしも具体的なデザイン案が思い浮かばなかったり、どのような色が合うのか、アドバイスが欲しかったりした場合でも、シュージュエリスト(靴専門スタッフ)が誠実な対応をしてくれるため、心配はありません。より気軽に自分にぴったりの、そして世界に1つだけの靴を作ってもらうことが可能なのです。まずはお気軽に自分の足のサイズを測定してみてください。

 

職人による製造
KiBERAでは、まずはそれぞれの足のサイズを計測することから接客がスタートします。サイズ計測には最新の3D計測器が使われるため、つま先からかかとまでの長さや、親指から小指までの長さだけでなく、足裏から甲までの長さなどの細部に至るまで細やかで正確な計測がされることになります。これらのデータと本人が選んだデザインや色に関する要望に関する情報は国内にいる職人さんに伝えられることになり、職人さんはこの情報をもとにそれぞれの靴を製造していくことになります。

 

職人さんは、まずはもらった3Dのデータをもとに木型を作ることから始めます。作成した木型を元に、靴の材料を裁断したり縫製したりするため、木型は理想の靴を作る上で非常に重要な役割を担っていると言えるでしょう。木を正確に削っていき木型を作ったら、次は革の裁断に移ります。裁断に関しても職人さんが手作業で計測されたサイズ通りに微調整しながら切られることになります。そして、この工程によってできたパーツが組み合わさることによってオーダーメイドシューズは完成するのです。製造された靴は、靴に傷は無いか、またオーダー通りの大きさに仕上がっているのかを人の目と機械によって検査されることになり、この検査に通った靴だけが顧客に届けられることになるのです。もしも品質に問題があった場合には返品も可能になっているので、その点に関しても安心してご購入できる態勢が整っています。

 

計測から始まります
オーダーメイドシューズを提供するためには、まずは足の大きさを計測することから始まります。専用機器を用いて正確に計測した後には、どの大きさの靴が足に合っているのかをカウンセリングにてご説明差し上げることになります。カウンセリングでは、どのような靴に仕上げるかという点だけでなく、足の特徴やどのように靴を選んでいけば足に負担がかかりにくいのかについてまで丁寧に説明がされることになります。そして最後にフィッティングに移ります。

 

フィッティングでは実際に同程度の靴を履いてみて、違和感が無いかどうかを確かめることになります。ここで最終的な微調整をした上でオーダーを確定することになりますので、ちょっとした不満があった場合にはすぐさまシュージュエリスト(靴専門スタッフ)にお申し付けください。7センチもあるヒールは履きたくても履けないという方でも、KiBERAの靴の場合はクッション性も良く、履き心地も抜群に良いため、履けてしまうというケースも多々ありますので、フィッティングの段階で様々な高さの靴を試しに履いてみることをお勧めします。また、実際に履いてみることで、より理想的な靴をご案内できるので、ぜひ思う存分試着をしてみてください。

 

会員登録について
会員になっていただければ、1度計測した情報も一緒に登録されることになります。これによって、次回来店いただいた際には再び計測する時間が省けますのでぜひ会員になってみてください。また会員になるメリットとしては、他にも会員だけの特別割引も度々行っているため、お得なショッピングができる点も挙げられます。KiBERAではインターネット通販も行っています。オンラインショップでは規格品のシューズやコサージュなどのアクセサリー、付属品なども取り扱っていますが、会員に限り、オーダーメイドシューズの販売も行っています。お店まで足を運ぶ時間も無いという方もいらっしゃいますが、ネット通販でもオーダーメイドシューズの購入が可能になっているため、家にいながらに自分に合った理想の靴を購入することが可能です。

 

ヒールを履くと足が疲れてしまう、ヒールを長時間履いていられない、デザイン性に富んではいるけれど自分の足には合わないといった悩みがある人はぜひKiBERA自慢のオーダーメイドシューズを使ってみてください。それらのお悩みや負担が全て解消されないかもしれませんが、大幅に軽減されることには間違いありません。

東理ホールディングスの株価が上昇するには

東理ホールディングスは、事業持株会社です。事業持株会社とは、他の会社の株を保有することのみが目的の純粋持株会社とは違い、株を保有しているだけでなく、その会社自体が本業である事業を持っている企業です。

 

東理ホールディングスは、アルミダイカスト製品の製造を行っている東京理化工業所の完全親会社として、2004年に設立されました。その他にも、食品流通事業、酒類製造事業、教育関連などの多岐にわたるグループ会社を持っています。その東理ホールディングスの事業内容や、それに付随した株価の移り変わる要因を説明します。

 

ダイカスト事業について
東理ホールディングスの完全子会社である東京理化工業所はダイカストの製造販売を手掛けています。ダイカストとは金属を融解したものを、金型に高圧かつ高圧で注ぎ込むことで形成された製品及び、その製造技術のことを言います。高速で圧入することにより、寸法精度が高く、ずれの少ない高品質な製品を鋳造することができます。

 

また、他の鋳造方法に比べて原材料が製品になるまでの手順が少ないことから大量生産が可能という利点もあります。ダイカストには、非鉄金属の合金が用いられます。非鉄金属とは鉄を主な成分とした合金のことを指し、アルミニウム合金、亜鉛合金、マグネシウム合金などの種類があります。東京理化工業所では、その中でもコスト面、鋳造のしやすさといった面から優れていると言われているアルミニウム合金を使用したダイカストを行っています。

 

東京理化工業所で製造されている製品は、自動車、二輪車、船外機などの乗り物に使われる部品や、汎用部品、計量機器部品、産業機器部品などです。ダイカスト製のマイコン付プロパンガスメーターの製造を日本で初めて行ったのが、東京理化工業所であることからもダイカスト製造においてこの会社が如何に先端企業であるかが伺えます。

 

 

酒類製造事業
東理ホールディングスのグループ企業には酒類製造事業を行っている老松酒造株式会社と株式会社越後伝衛門があります。老松酒造株式会社は、大分県日田市に所在しており、「世界があっと驚く焼酎をつくる」というコンセプトの元、様々な酒類を製造しています。当社の代表的な製品である「麹屋伝兵衛」は、香りが良く、アルコール度数が41度と少し高めながらも、利用者からは「味に癖がなく、甘みのある口当たりはまろやか」という高評価を受けています。同焼酎は、2013年のモンドセレクションの金賞認定を受けています。

 

株式会社越後伝衛門は新潟県新潟市に所在している企業であり、日本酒の製造・販売を行っています。企業名を冠した醸造酒『伝衛門』は地元新潟県で作られたお米を100%使用しており、やや辛口な輪郭のあるきりっとした味わいとさわやかな後味が魅力です。

 

 

株価が上昇する要因
東理ホールディングスは東証二部上場企業です。東理ホールディングスの株は東証で日々取引されているため、株価は当然、刻一刻と変動しています。では、株価の上昇はどのような時に起こるのでしょうか。

 

株価は売買により変動します。人気の高い株となれば、必然的にその企業の株価は上昇します。株価が上昇する、つまり多くの人が買い求める企業の株になる要因はいくつかあります。主な要因としては、業績が好調で上向きであること、新製品や新しいサービスの発表などがあります。
業績が良ければ、買い手はこの企業は成長していて、これからも伸びていく可能性があると考えます。そうなれば、ますます他の人もその企業の株を買い求めて、それに伴い株価が高騰します。そうすればまた、その企業の株の需要が高まるといった、現象がくり返し起こるのです。企業はそうなることを目指して日々、企業努力を重ねているのです。

 

新製品の発表は、一見企業にとってリスクのあることですが、それさえヒットすれば、企業の利益は飛躍的に上がります。また、その製品が優れたもので、今後世間に浸透していくものだろうと判断されれば、株は買い手市場となり、その結果が株価の上昇に繋がります。

 

東理ホールディングスの株価が上がるには
東理ホールディングスにおける事業内容は、アルミダイカストです。アルミダイカスト製造で良い結果をもたらす、もしくは世間の人にアルミダイカストが近い将来、大きな利益を生むだろうと思わせることができれば、東理ホールディングスの株が幅広い人々に取引され、株価の上昇という結果をもたらします。

 

アルミダイカスト製造の業界が人気になるということは、大きく言えば非鉄金属業界全体が買い手市場になることと同じです。非鉄金属業界は平成15年から平成19年にかけて、亜鉛やニッケルの相場が上昇に伴い、大きな利益を上げました。また、自動車業界も同じ頃に勢いを上げており、自動車部品に必要不可欠であった非鉄金属部品業界も同調して大きく成長しました。その後、数年間は業績、株価ともに横ばいを続けていましたが、平成24年以降は業績回復の兆しを見せています。その要因としては、やはり非鉄金属を大量に扱う自動車産業の業績が上々になっていることがあります。それに加えて、近年では住宅業界、電子機器業界の需要も高まりを見せており、非鉄金属業界もその影響を大きく受け、人気が上がっています。

 

また、東理ホールディングスは複数の業界に携わっているグループ企業を多く保持しているため、それらの事業で大きな利益を上げたり、今までは扱っていなかった事業分野に乗り出すことで、これからの成長がありそうだとパブリックイメージを持たせることができれば、自ずと東理ホールディングスの株価は上昇の一途を辿ることになるでしょう。その点では東理ホールディングスは、目覚ましく拡大する可能性を秘めていると言えます。

 

 

まとめ
非鉄金属であるアルミを扱った鋳造技術、ダイカストを主な事業としている東理ホールディングスは、多岐にわたるグループ会社を保持しており、様々な事業内容を行っています。アルミダイカストの需要が高まる要因は、非鉄業界全体の規模拡大、非鉄金属の製品を使用する自動車・二輪業界、住宅業界、電子機器業界などの成長といったものがあります。
それらの要因によって、東理ホールディングスの業績が増加して、株価の上昇を遂げることができるでしょう。

うちの父親がセレナに乗っていたおかげで、ぼくはセレナに対して「おじさんが乗る車」というレッテルをはっていた。会社の課長がやはりセレナに乗っていて、やっぱりおじさんが乗る車だななんて思っていた。ある時会社の帰りに高校時代の友人にばったり会った。

 

そいつは昔からやんちゃしていたやつで、高校卒業後は職人の世界に入っていた。前回会った時は古いハイエースに現場道具どっさり積んでいたのを覚えている。しかし今回は車がセレナに変わっていた。しかもぼくのイメージの中のおじさん仕様のセレナではない。職人仕様の悪そうな、しかしかっこいいセレナになっていた。5ナンバーサイズでも最大の広さを誇るセレナなので、現場道具もたくさん乗るそうだ。

 

正直こんなにピカピカでかっこよくしているのに、現場なんかに乗っていって傷がつかないのかと不思議に思った。なんでも職人同士の車の見栄の張り合いがあるのだとか。職人の多くはハイエースを選ぶので、彼はちょっとひねりをきかせてセレナをドレスアップしたというわけだ。それでもこのセレナは中古で購入したとのことだった。まさかと思って聞いてみたらやはり中古車ディーラーで購入していた。

 

なにやら最近ぼくの回りは中古車ディーラーが人気のようだ。セレナのライダーというタイプが好きで一生懸命探していたらしい。結局品揃えがダントツで多い中古車ディーラーに行き着いたらしいのだが、どうしても色が気に入らなかったらしい。それで元々はグレーだった車体を中古車ディーラーでオールペイント、つまり全塗装したのだそうだ。

 

なにやら言葉では言い表せないオリジナリティ溢れる色になっている。乗り心地も使いかっても抜群のようだ。さすがは過去に三年連続でミニバン販売台数日本一を記録した日産の売れっ子だ。こうして見てみると皆ちゃくちゃくとプライベートも仕事もステップアップして、それに伴って車もランクアップしているんだな。そろそろぼくも中古車ディーラーのお世話になろうかな。→中古車ディーラーのセレナ店

中古車ディーラーでも扱っているというアルファード。後部座席の余裕ある乗り心地という点においては、セダンより乗用ワゴンが上であり、その中でもアルファードは別格だと思います。

 

これはまず車の機能上どうしようもないことなのですが、セダンはその車体上キャビンスペースが限られてしまいます。リムジンのように長さでキャビンスペースを確保する方法もありますが、その場合でも高さは稼げません。

 

乗用ワゴンは市販車でノーマルでも充分なキャビンスペースを稼げているという利点があります。元々広いスペースのワゴン車ですが、トヨタの場合アルファード登場以前は、ハイエースという貨物ワゴンベースの派生であり登録上は乗用ワゴンですが、乗り心地はそう特別なものではありませんでした。

 

ですが2002年に登場したアルファードは、乗用ワゴンにおいて先駆者であるエスティマのフレームを使い、横置きエンジンでFFをベースにし、足回りをフロントストラット、リアトーションバーにすることにより、他車との違いをみせています。

 

そして他車との違いはエンジン設定で、当時のワゴンにあったディーゼル設定がありません。3000ccV6、2400cc直4、直4ハイブリットの3種類でした。2008年にモデルチェンジを行い、上級車は3.5リットルへと排気量を増やしました。

 

兄弟車であるヴェルファイアーが登場したのもこの年です。2011年にはマイナーチェンジが行われ、2008年に廃番になったハイブリット車が復活しています。

 

アルファードの良さは、とにかく乗ってみないと分からないといえます。この部品を使っているから他車より優れているというのではなく、全てが良いのです。長距離を運転しても後部座席に乗っても楽、運転時の視線の位置もシートも足回りも、そして馬力的にもバランスがとれていて、運転する人に、後部座席に乗る人に優しい設計になっています。

 

あえて欠点を出すのであれば、大柄なボディは狭い道には不利であり、重い車重を軽く扱ってくれる大馬力エンジンは、燃費が悪いということでしょうか。この欠点はアルファードの特徴の裏返しともいえることですので、仕方のないことかもしれません。

大型二輪やスクーターのイメージが強いスズキでは、他にも軽自動車の力を入れているという事を知っている人もいるでしょうが、スズキの軽自動車も私が勤務している中古車ディーラーでは人気の車となっていて、比較的お手頃な値段で購入できる事もあり、中古車だけではなく新車でも人気となっています。

 

スズキの軽自動車は、車体は小さめなのですが、車高が高い種類が多くなっている事から、かなり多くの荷物を積める事が車好きな私自身も長所だと感じています。そんなスズキの軽自動車には多数の種類があるのですが、そんな中でもクロカン・SUVと呼ばれている車種が人気となっています。クロカン・SUVはスポーツ用多目的車と呼ばれている種類の車で、4WDの車が多くなっている事も特徴です。

 

そんなクロカン・SUVの中でも、特に人気となっているのがスズキから販売されているジムニーという車です。ジムニーは1970年に初めて登場しているので、他の車に比べるとかなり古くから存在しているのですが、これだけ古くから存在していて、現在でも人気があるという事は、相当長い年月愛されてきた車という事です。

 

現在ではジムニーシエラと呼ばれている車が主流となっていて、万が一衝突した時の事を考えて、衝突した時の衝撃をできる限り和らげるような作りになっている事や、チャイルドシート固定用アンカーを設置すると言った時代に合わせた工夫が施されています。

 

少し前まではミニパトにも使用されていたタイプなのですが、現在では見かけなくなってきています。どんな車にもそれぞれ利点と欠点があるのですが、利点だけではなく欠点も知っておく事で、より自分にあった車を購入する事ができるのです。

 

現在ではだいぶ価格も安くなっているのですが、クロカン・SUVの車は比較的高い車が多くなっているので、中古車ディーラーなどに赴いて、中古車を探すという人も多くなっています。しかし、スズキのジムニーに関しては、中古車でも新車でも比較的安くなっているので、誰でも購入できるお得な価格となっています。

レガシィワゴンは、ツーリングワゴン人気を定着させたパイオニアであり、発売から二十年以上経った現在においても、トップを走り続けている車です。1989年にレガシィワゴンは発売され当初より人気を博しましたが、その年の10月に発売されたGTがその人気を決定させたといっていいでしょう。これは現在まで続くハイパワー4WDワゴンというカテゴリーまで作ってしまったといっていいでしょう。

 

元々「ツーリングワゴン」という言葉はなく、「ステーションワゴン」という呼び名でした。レガシィワゴンの名称である「レガシィツーリングワゴン」という呼び名が全ての「ステーションワゴン」を「ツーリングワゴン」と同義語にしてしまったといっても過言ではありません。

 

1993年に登場した2代目は初代セダンタイプのRSがWRCで活躍していたせいもあり、当初はレガシィ=ラリーというイメージがあったのですが、インプレッサの登場でラリーイメージはそちらに移り、レガシィワゴンは別の道へ進むことに成功し、レガシィワゴンの人気を定着させました。5ナンバーでありながら、1クラス上の性能とクォリテイーを持たせることに成功したのがその原因だと言われています。

 

それからレガシィワゴンは2012年に現行型が登場するまで、ツーリングワゴンの人気ナンバー1の座を守っていくことになるのですが、スバリストといわれるマニア向けでしかなかった水平対向エンジンを、ここまで浸透させた功績は大きいと思います。

 

レガシィワゴンは、純正でビルシュタイン製ダンパーがついていたり、純正ホイールの大きさが違っていたり、MTが5速だったり6速だったりと、スペックが豊富なのは喜ばしいことなのですが、豊富過ぎて混乱してしまうのが欠点です。

 

新車をカタログを見てディーラーで買うのならともかく、中古の場合ですとしっかりとした下調べをしておかないと、別のスペックと誤って購入してしまうこともあるので注意してください。中古車ディーラーでは、購入する前にじっくりと車種を確認することができるので安心ですよ。

車は自家用車として使用する以外にも、商用車として使用する場合も多々あるでしょう。商用車に向いている車とは、仕事内容によっても変わってくるのですが、やはりワゴン車やトラックが向いていると言えます。

 

しかし、大きな荷物の荷卸しを頻繁に行う場合以外では、やはり荷物が濡れないワゴンタイプが良いと言えますし、私が勤務している中古車ディーラーでも商用車としてワゴンタイプの車を使用しています。

 

大きなワゴンの方が良い場合もありますが、軽ワゴンでも十分荷物が積める上に、税金も安く小回りが利くという事で、軽ワゴンを商用車にする会社も多いのですが、軽ワゴンとして多く使用されている車の中に、スバルのサンバーという車があります。サンバーは運転席や補助席の脚スペースが広くなっている事から人気がありますし、私も運転席のスペースが広い車は運転しやすいと感じています。

 

そんなスバルのサンバーは、宅配業者でも多く使用されていて、普通乗用車と同じぐらいの長さがあり、車高も比較的高くなっているので、より多くの荷物を積む事が可能となっています。だからこそ小さな荷物をたくさん積む事が多い宅配業者で多く使用されている車なのですが、このサンバーという軽ワゴンは、荷物を多く積む為に作られたと言っても過言ではなく、荷物を積む事によって安定した走りが可能となっているのです。

 

その為かなり前から商用車として宅配業者を筆頭に好まれてきたのですが、初めて日本でサンバーが販売されたのは、1961年となっているので、かなり昔から商用車として使用されていた軽ワゴンなのです。

 

現在では7代目となっているのですが、商用車を頻繁に使用する企業や宅配業者、中古車ディーラーなど車を取り扱っているような所では知られているものの、自家用車にしか乗らないという人や、車に関係している仕事ではないという人の場合には、スバルサンバーを知らないという人もいます。比較的安い金額で購入できる事もあり、新車でも中古車ディーラーで取り扱っているような中古車でも人気があります。

天候が良い時や、気候が良い時などは風を切って走りたいと思っている人も多く存在していて、私も車で風邪を浴びながら走るのが大好きなのですが、そんな時に乗りたくなる車がオープンカーです。オープンカーについては特に説明しなくてもわかると思いますが、屋根のついていない車の事です。オープンカーにも色々と種類があり、色々な車を思い浮かべる人がいるでしょう。

 

そんな中でも今回はマツダのロードスターについて見て行こうと思います。日本ではそれ程メインとは言えないオープンカーですが、その理由は日本の気候を思い浮かべてみればわかります。

 

日本は四季があるので、冬はオープンカーでは寒すぎますし、私は普通の乗用車に乗っている時に、窓が曇ってきたので少し窓を開けて走った経験があるのですが、とても寒くて震えてしまう程です。

 

夏は暑すぎてクーラーを付けたくなりますし、春はホコリが多くて開けたくない時期もあるでしょう。そうなると秋だけになってしまうのですが、秋は雨が多い季節なので、雨が多いという日本の気候にもオープンカーはあまり適していません。

 

それで晴れて気候が良い日にはオープンカーに乗りたくなるので、オープンカーを購入する人もいるのですが、マツダロードスターはオープンカーの中では比較的よく知られている方ですし、雨が降ってきた場合には、屋根を閉じる事も可能となっているので、日本の気候に適している種類の車と言えるでしょう。値段も比較的手ごろなっているので、新車で購入する人も多くなっているのですが、中古車ディーラーなどではそれ程多く売られているという訳では無いものの、中古でお手頃価格のロードスターが売られている事もあります。

 

中古車ディーラーによってはマツダロードスターが売られていない場合も多い為、インターネットで事前に調べてから中古車ディーラーや中古車販売店に行くべきでしょう。マツダロードスターは1989年に日本で初めて登場し、2013年現在では3代目の車が販売されています。

日本の自動車会社は多数あり、その中の1つにスバルという自動車会社も存在しています。スバルの定番と言えばレガシィが思い浮かぶでしょうが、車好きな私でもスバルの車と言って思い浮かぶのはと聞かれたら、間違いなくレガシィと答えるでしょう。

 

そんなスバルの定番と言えるレガシィですが、レガシィはステーションワゴンと呼ばれている種類の車で、スバル以外の自動車会社でもステーションワゴンタイプの車は多数販売されています。

 

しかし、スバルでステーションワゴンと言えば、やはりレガシィが最も有名なのですが、レガシィは中古車ディーラーではそれ程取り扱っている店は多くないのが現状と言えますし、私の勤務会社である中古車ディーラーでも、時々取り扱うぐらいで、あまり店頭に並ぶという事はありません。

 

中古車ディーラーには比較的出回る事が少ないレガシィですが、中古車の場合にはスバルの軽ワゴンの方が多く出回っている傾向にあります。そんなレガシィは、スバル独自の技術が満載となっていて、ツーリングワゴンやステーションワゴンなどが特に人気となっています。

 

初めてレガシィが登場したのは1989年なのですが、2013年現在では5代目となっていて、少数ながらタクシーでも利用されるようになっていますし、東京モーターショーにも出品された事があるのです。

 

レガシィはレース用のマシンとしても利用されていて、かなりの活躍をした時期もあったのですが、残念ながら現在ではレースに参戦してはいません。このように多方面で活躍し、最新の安全技術が盛り込まれているスバルのレガシィですが、値段は250万円から350万円ぐらいが相場となっていて、一般的な国産車としては平均的な値段か、少々高くなっている傾向にあります。

 

中古車ディーラーや中古車販売店では、店によっては豊富な品ぞろえとなっている店舗もあるのですが、中古車ディーラーや中古車販売店を見ても全く売られていない場合もあるので、インターネットでの確認は必須です。

トヨタの車に乗っているという人も多いでしょうが、トヨタの車はかなり多数存在しています。そんな中でもセダンという車種の車を知っているという人も多いでしょう。セダンはかなり有名ですし、もちろん私も知っていて、以前にはセダンの車を探した経験もあります。

 

セダンの中でも特に有名なのはカローラではないでしょうか。トヨタの車の中でもカローラは日本では特に人気の車で、中古車ディーラーで勤務しているとわかるのですが、売りに来る人も多くなっている反面、すぐ売れてしまう車種でもあるのです。

 

車に全く興味のない人でも、トヨタカローラと言えば車の事だとわかるぐらい知名度もありますし、免許を取って初めて購入した車がトヨタカローラであったという人も多くいます。そんなカローラの人気は非常に高く、初めてカローラが販売されたのが1966年なのですが、それから50年近くがたった現在でも人気が衰える事はありません。

 

2013年現在ではもう11代目となっているのですが、これだけ長い間人気を保っていた車は他にないと言ってもいいぐらいです。更にトヨタカローラは新車だけではなく、中古車としてもかなり人気があり、大半の中古車ディーラーや中古車販売店でも取り扱っているのですが、中古車ディーラーや中古車販売店で多く取り扱っているという事は、それだけ売りに来る人が多いという事を意味しています。

 

そして多数の人が売りにくるという事は、それだけ多くの人がトヨタカローラを購入しているという事にも繋がってきます。中古車ディーラーでも中古車販売店でも、売りに来る人が多いと言うだけではなく、購入する人も多くなっているのですが、中には安くてきれいなカローラが販売されている事もあるので、掘り出し物を探しているという人の中には、この値段で購入できたのはとても嬉しいと感じている人も多いでしょう。

 

トヨタカローラは新車でもそれ程高いという訳ではなく、大体200万円前後で購入できるお得な車です。